Kapital(キャピタル)レディースのポパイブーツの擦り減った靴底を作り変えるオールソール交換修理

P1550058 Kapital(キャピタル)のポパイブーツを世田谷区より郵送でお預かりしました。P1550059 毎年コンスタントに修理のご依頼を頂いているポパイブーツです。P1550060 生ゴム素材の「クレープソール」になりますが、P1550061 カカトの擦り減りが進行して、中の白のスポンジが見えている状態です。P1550062 「オールソール交換」で靴底全体を作り変える修理をさせていただきます。P1550063 クレープソールは履きこむと見た目も汚れが目立つのでP1550064 修理をするとだいぶ印象が変わります。P1550204 <after>

明るい色合いが戻りました。P1550205 元と同じ黄色のクレープソールを使用しています。P1550206 「オールソール交換」のメニューでお受けすると、アッパーの「靴磨き」はサービスしてお渡ししています。
P1550207 ソール交換をするとぱっと見、新品に見えますね。P1550208 これで心地よく履いていただけます。P1550209店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

キャピタル クレープソール オールソール交換 ¥12,800(税抜)

納期 2週間以内

 Kapital(キャピタル)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com