Lloyd Footwear(ロイドフットウェア)穴が開いた靴底をレザーオールソール交換修理

P1370118Lloyd Footwear(ロイドフットウェア)をお預かりしました。

P1370120まずはカカト内側の修理です。

P1370121摩擦により大きく穴が開いている状態です。

このまま履かれると靴に負荷が掛かるので補強をします。

P1370122続いて靴底です。

P1370125レザーソール中心部にも穴が見られます。

この状態になると「オールソール交換」で靴底全体を作り変える必要があります。

P1370123靴の作りは「グッドイヤーウェルト製法」で」純正と思いますが、少し珍しい構造でした。

薄いレザーミッドソールに出し縫いで縫い、薄いレザーのアウトソールを接着のみで取り付けられていました。

ソール中心部に空いた穴からは「コルク」ではなく「レザー」が見えていたので不思議に思っていましたが、ロイドでは珍しい作り方ですね。

P1370361<after>

一般的なグッドイヤーウェルト製法の構造に作り変えました。

レザーソールはブラウンカラーに染めて仕上げ、

P1370362つま先は今後擦り減らないように、金属製の「luluヴィンテージスティール」を取り付けました。

P1370363カカトはレザー&ラバーの「ダヴテイル」を使用しています。

P1370364カカト内側は「カウンターライニング」の修理メニューで内からライニング用の革をあてて補強をしました。

見た目だけでなく耐久性も向上したので安心して履いていただけます。

P1370365店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

Italy レザーオールソール交換 ¥13,800(税抜)

国産ダヴテイル レザートップリフト +¥1,300(税抜)

lulu ヴィンテージスティール ¥3,000(税抜)

カウンターライニング(短靴・両足) ¥3,500(税抜)

納期 2週間以内