REDWING(レッドウィング)ポストマンシューズを純正と同じビブラム1002ソールでオールソール交換修理

P1410753 REDWING(レッドウィング)のポストマンシューズをお預かりしました。P1410754 靴底はポストマンに使用されているソールですが、P1410755 擦り減りが深くなっているので「オールソール交換」のご依頼です。P1410756 カカトを見たところ、擦り減りは1003ソールまでになるので、「黒のラバーミッドソール」はこのまま残せそうですが、P1410757 つま先部はラバーミッドソールにも負荷が掛かっているので、この場合「ミッドソール交換」からおこないます。P1410758 他のソールへ「カスタム」のご要望も多いですが、P1410990 <after>

お客様お好みの元と同じ仕様で修理をさせて頂きました。
P1410991 純正の「ビブラム1002ソール」を使用しました。P1410992 ミッドソールも交換し、再度ウェルトと縫っています。P1410993 修理をした感がなく違和感はございません。P1410994 カカトのバランスも元に戻り、P1410995 安心して履いていただけます。P1410996店頭だけでなく郵送でも修理をお受けしています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ありがとうございます。

 

vibram ♯1003ソール(黒)オールソール交換 ¥12,800(税抜)

vibram ラバーミッドソール交換(黒) +¥2,000(税抜)

納期 2週間以内

Redwing(レッドウィング)の修理事例 | apego(アペーゴ) (apego2015.com)

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com