GEORGE COX(ジョージコックス)の修理事例

ジョージコックスの名を一挙に有名にしたのは、1949年に発売されたブローセル・クリーパーズという製品で、世界で初めてラバーソールを採用した厚底の靴です。当時のイギリスの若者文化で、不良少年というニュアンスのテディボーイと呼ばれる人々から支持を得るようになりました。その後の1960年代には、ウィンクルピッカーズというとがった靴も、爆発的に人気を博し、ジョージコックスは、モード系の靴としてポジションを確立していきます。

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com